AIはここまでできる。ライティングツールCatchy(キャッチー)をレビュー

メールやブログ、SNSなど、今や私たちの日常で文章を書くという行為は切り離せません。
そのため、文章にまつわる悩みはつきものです。
なかでも、文章作成の効率化が課題ということもあります。

たとえば

  • メール一本返信するだけでも、なかなか言葉が思い浮かばない
  • 文章作成に時間がとられてしまい、本来やるべきことができない
  • ブログ記事を書いていても、1記事に時間がかかりすぎてしまう

など、文章作成スピードに関する悩みはさまざまです。

「もっと速く文章を書けるといいのに…」と思うこともあるでしょう。

文章を書くことは頭脳労働なので、集中力の持続が鍵を握ります。
ただ、集中力を継続できず、作業効率が落ちてしまうこともあります。

私も文章を書くスピードはかなり遅く、なかなか次の記事に取り組めないのが悩みです。

そのような遅筆の私が試してみたのは、今話題のAIライティングツールCatchyです。

AIの技術で、スピーディーかつ高品質な文章を作成できます。

今回Catchyを使ってみて、私が想像していた以上にクオリティの高い文章を書くことがわかり、AIライティングツールの現状に驚きました。

AIライティングツールCatchyは、文章作成に課題を抱えている人の助けになるに違いありません。

今回はAIライティングツールCatchyを試してみた筆者が、Catchyとはどのようなツールで、何ができるのか、使用してみた感想を紹介します

※\耳寄り情報/
【1月15日まで】新規登録時の無料枠が通常の3倍(30クレジット)付与されます。
さらに、今年の抱負を作成できる3種類の文章ツールを用意。
書き初めをAIツールで作成できる!

ぜひこの機会にCatchyをお得に利用しましょう。

目次

文章作成の効率化を図れるAIライティングツール「Catchy」

文章作成にAIライティングツールを取り入れるメリットは、やはり作業効率を上げられることです。
AIの技術は、人間の仕事を肩代わりするためにあります。
Catchyは限られた時間で生産性を高めたいあなたに、きっと役立つことでしょう。

まずは、AIライティングツールCatchyとはどのようなツールなのか、AIが作る文章のクオリティはどれほどのものなのか説明します。

AIライティングツールCatchyとは

Catchyは、日本語専門のAIライティングツールです。

運営会社は株式会社デジタルレシピ。
社名の由来にある「デジタルの世界で成果を出せるレシピを作る」という思いから、誰でも、簡単に、効果的なコピーを作成できるツールが開発されました。

記事制作やキャッチコピー、企画アイディア、シナリオ作成、メールやLineのメッセージ、資料作りなど、140以上のシチュエーションの文章作成に対応できます。

しかも、AIという最先端の技術を活用した高機能ツールでありながら、ローコストで導入できるのも魅力です。

Catchyは、毎月10クレジット分※の無料プランが設けられています。
クレジット登録は必要なく、誰でも、今すぐサービスを利用できます。

有料プランに加入する場合も、一番安いプランで月々3,000円(税抜)から利用できますので、良心的な価格設定です。

2022年6月下旬にリリース以降、着々と登録者数は増え続けています。テレビやラジオ、Webメディアにも紹介され、AIライティングツールに多くの関心が寄せられています。

Web制作会社LIGのCatchyの企画記事↓おもしろかったです!!
【人間 VS AI】 世界一臭い缶詰「シュールストレミング」の食レポ対決

Podcastの配信もやっているので、Catchyの最新情報はここでチェック!
あわせて読みたい
コピーライティングに自信がなくても大丈夫!Catchyで売れる文章を作ろう 「売れる文章を書きたい。でも、なかなか言葉が思いつかない」とお困りではありませんか。 売れる文章を書くためには、コピーライティングの知識が必要です。 しかしい...


AIライティングツールCatchyが作る文章の精度

Catchyは自動言語処理モデルGPT-3を利用しています。

自動言語処理モデルGPT-3は、人間が書いたような流暢な文章を生成できるのが特徴とのことです。

GPT-3とは人工知能研究所Open AIが開発した自然言語処理システムOpen AIはイーロン・マスクなどの著名な起業家や投資家たちによって設立されました。

私は正直、AIライティングが作る文章のクオリティにはあまり期待していませんでした。

ネット上にあるAIが書いた記事を見たとき、「あぁ、これは機械が書いたんだな…」とすぐにわかる不自然な文だったからです。

ですが今回Catchyを利用し、以前見たAIが書いたと思われる文章よりもクオリティが高く、AI技術の進歩を実感しました。

管理人

率直にいうと「自分の文章より、AIの方がうまいかもしれない」と不安になりました…

また、GTP-3は成果を出せる文章が作れます。

GTP-3と人間が書いたWeb広告の成果を競ったところ、何とGTP-3に軍配が上がったとのこと。

VMO公式サイト 人間対GPT-3のA/Bテスト

AIが人間以上の価値を提供できていることが証明されました。

コピーライターにとっては仕事が奪われるかどうかの問題なので、AIの存在はまさに脅威といえるのではないでしょうか。

筆者の想像以上に、AIの技術は進化を遂げていることがわかりました。

Catchy最新ニュース!(※2023年1月時点)

このたび、リアルタイムのWeb情報から文章生成できるオプションを追加したそうです!

学習時点の情報しか出せないAIの弱点をカバーできる、まさにユーザー待望のオプションですね!

一部ユーザーより徐々に解放していくとのことなので、さらに精度の向上が期待できそうです。

Catchyで文章作成の効率化を図ろう

文章作成にAIライティングツールを活用するメリットは、業務の効率化が図れることです。
つまり、ツールを使用することで時間のゆとりを生み出します。

AIが私たちの仕事を肩代わりすることにより生まれた時間は、今より価値のある仕事に取り組むための時間として使えます。

仕事においては利益を追求する以上、限られた時間の中で生産性を高めるための工夫は必要です。

文章作成スピードの遅さが直近の課題という人は、AIライティングツールを取り入れることも選択肢の一つです。

逆に、Catchyは文章に効率化を求めていない人には必要のないツールといえます。

時間をかけてでも、自分の言葉で文章を書くことに価値を置く人です。

たとえば、日記など自分のために書く文章には、効率が求められることはありません。

また、プロライターなど、文章作成スキルに絶対的な自信がある人は、最初からAIツールに頼ることは考えていないのではないでしょうか。

AIライティングツールを文章作成の補助ツールとして使うかどうかは、個人の考え次第です。

今の自分に必要であれば使うといいですし、必要でなければ使わなければいい、それだけです。

ただ、職業として文章を書いている人は「今のAIはここまでできる」という現状は知っておいてもよいと思います。

もちろん私のようにブログを書く人も。

AIが作る文章を否定的に捉えていた人も、最新のAI技術に触れることで、今までの価値観が変わるかもしれません。

Catchyは無料で体験できます。
どのような機能があり、どのような文章が作成できるツールなのか、ぜひ一度、AIの作る文章のクオリティを体験してみてください。

文章作成の効率化は以下の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
ライティングが遅いライターが実践すべき業務効率化&おすすめ本 Webライターの仕事をしている人の中には、執筆速度を上げたいけれど、なかなか速くならない、という悩みを抱えるライターさんもいるのではないでしょうか? ライティン...

AIライティングツールCatchyの使い方

まずはCatchyを無料で体験してみましょう。
Catchyの登録やサービスの利用方法、有料プランについて説明します。

Step1.Catchyに登録する

最初に、Catchyのサイトから無料登録しましょう。

登録はこちらから

無料登録の際、クレジットカードの登録は必要ありません。
そのため、有料プランに自動更新することもありませんのでご安心ください。

GoogleアカウントまたはFacebookアカウントを使用し、ログインします。

Step2.サービスを無料で試してみる

Catchyのダッシュボードの画面に入りました。

登録時に、サービスで使える10クレジットが付与されていますので、おすすめのツールや事例集を参考に、いくつか試してみましょう。

CatchyのFreeプランは、毎月10クレジットまでサービスを無料で試せます。
(クレジットは毎月1日に更新されます)

登録時に付与される10クレジットは、すぐになくなります。
10クレジットでどのくらい使えるのか調査したところ、

  • 記事作成(タイトル、導入文、見出し、文章作成、結論の文章)9クレジット
  • 画像生成AIで使える英文 1クレジット

これだけで使い切ってしまいました。(※2022年11月時点の情報です)

クレジットは基本的にコピーを作成するごとに1クレジット消費されますが、生成するコピーによっては複数クレジット消費することもあります。(消費クレジット数は画面に表示されています)

無料プランの範囲内で使うのであれば、目的に合ったツールを計画的に使う必要があります。

サービスを使う前に注意事項を確認しよう 

コピーを生成する前に、使用上の注意事項を確認しましょう。

重要なのは以下の3点です。

  1. ファクトチェックは必ず行う
  2. 不自然な表現があればなおす
  3. コンテンツポリシーを読む

1つめに、Catchyで生成される文章はファクトチェックが大前提です。

ファクトチェックとは、情報が正しいかどうか確認する作業です。

Catchyで活用している自動言語処理モデルGPT-3は、文章の精度が高いとはいえ100パーセント正しい文章を生成できません。
とくに安全上、健康上に関する文章をCatchyで作成する際には注意が必要です。

安全上、健康上に関する文章は、Google検索においても評価基準が厳しいYMYL(Your Money Your Life)の情報が該当します。

YMYLはユーザーの生命や安全、金銭などに大きな影響を与えるジャンルで、情報には信頼性や正確性が求められます。

ファクトチェックも専門知識がないと厳しいです。

YMYLジャンルに限らず、Catchyで作成した文章は必ず情報が正しいか確かめることです。
情報を発信する側の責任ですね。

2つめに文章のリライトです。
Catchyが生成する文章は、所々に不自然な表現がありますので、意味の通る文章になおしましょう。

3つめはコンテンツポリシーをよく読むことです。

Catchyで不適切なコンテンツを生成することは禁止されています。
例をあげると差別的、性的、政治的、詐欺的などの内容が不適切コンテンツに該当します。
サイト内にあるCatchyのコンテンツポリシーをよく読んだ上で利用しましょう。
ルール違反が運営会社で確認された場合、サービスは事前の通知なく利用停止となるのでご注意ください。

Step3.サービスをさらに利用したい人は有料プランに加入する

Freeプランで物足りないときは、有料プランにグレードアップもできます。

AIライティングCatchyの料金体系を確認しよう 


Catchyの有料プランには、Starter、Pro、法人向けのEnterpriseがあります。

有料プランの種類
FreeStarterProEnterprise
使用できるクレジット・料金最大10クレジット/無料毎月100クレジット/ 3,000円(税抜)
毎月200クレジット/ 5,700円(税抜) 
毎月300クレジット/ 8,100円(税抜) 
無制限/月額9,800円(税抜)
※年間払いの場合は20パーセントオフ
無制限/料金は要問合せ
チャットサポート
サービス全生成ツール利用可能全生成ツール利用可能全生成ツール利用可能全生成ツール利用可能/独自生成ツールの作成/ビデオサポート付き

Proは、月額料金を支払うことによりCatchyを無制限で使えるプランです。

Starterは、2022年11月1日の料金プラン改定より提供されるようになったプランです。
選択したクレジット数(100・200・300クレジット)が毎月付与されます。
月の途中でクレジット数が足りなくなった場合も、追加で購入可能。
使用状況に合わせて使えるのは、Starterの良さですね。

Enterpriseは法人向けプランです。無制限での利用やチャットサポートのほか、独自生成ツールの作成やビデオサポートもあります。

個人で使う有料プランは、SterterとProの2択です。

SterterとProは最短1ヵ月から利用できます。

どちらを利用するのかは使用頻度によりますので、まずはSterterプランを使って様子を見てから、Proを検討してみる方法もあります。

Catchyを実際に試してみた筆者が機能を一部紹介

Catchyの100種類以上あるツールの中から、筆者が実際に使ってみたツールを紹介します。

ビジネスでの活用だけではなく、プライベートでも使えるおすすめのツールを厳選しました。

短文を長文に

Catchyで短文から長文に文章を膨らませてみました。

「仕事中に眠くなる」
たったこれだけの文章から、500文字近くの文章が作れます。

短文を入力し、文章の雰囲気を選択。
丁寧・カジュアル・大胆の3つから指定できます。

作成した文章はこちらです。

短文「仕事中に眠くなる」を長文に

私は仕事中に居眠りをしてしまうことがよくあります。別に興味がないわけでも、仕事に関心がないわけでもない。ただ、どうしようもないのだ。どんなに頑張っても、目を開けていられないことがあるのです。

それは私だけではありません。同僚にも同じような人が何人かいる。もちろん、私たちは皆、それに立ち向かおうとします。コーヒーを飲んだり、休憩を取ったり、立ち上がって歩いたりしています。でも、何をしても疲れが取れないことがあるんです。

これには、いくつかの要因があると思います。まず、私たちの多くは、家に小さな子供がいます。赤ちゃんの世話は、肉体的にも精神的にも非常に負担が大きいものです。育児をしていないときでも、子どものことを考え、心配することはあります。

第二に、多くの人が十分な睡眠をとっていないことです。長時間労働が続き、家に帰ると疲れてベッドに倒れこむしかないのです。充電しなければならないのに、そのための時間や余裕がないのです。

最後に、今、職場には多くのストレスがあると思います。私たちは皆、成果を出さなければならないというプレッシャーにさらされており、それが負担になっているのです。常にストレスを感じていると

眠い原因は育児、睡眠不足、職場のストレスの負担、というように要点をおさえています。
文章をそのまま使うには不十分といえますが、書きなおすことできちんとした文章になりそうです。

ちなみに筆者もPCに向かうと、すぐに眠くなります。そういう時はムリに作業せず、家事をしたり、買い物に行ったりしています。

短文を長文に 2クレジット消費

記事作成

ブログを書いていますので、やはり気になるのはAIが書く記事です。
AIライターが書く記事は、どれほどのクオリティで仕上がるのでしょうか。

文章を書くのが遅い人向けの記事を、AIに作成してもらいました。

記事のキーワードは「文章 速く書く」。
このキーワードを使い、タイトル→導入文→見出し→結論→本文の順番で記事を作成します。

仕上がったのは以下の文章です。

タイトル
記事作成のスピードアップに役立つヒント 

導入文

もしあなたが、記事の執筆が追いつかないと感じているなら、それはあなただけではありません。今回は、記事作成のスピードアップに役立つコツをご紹介します。仕事でも学校でも、より速く書く方法を学びたい人にぴったりです。役立つコツを学ぶために、読み進めてください

記事の見出し記事の本文(全体)

1.アウトラインから始める
記事を早く書き始めるには、書き始める前に書きたいことのアウトラインを決めておくのが一番です。そうすることで、考えが整理され、より効率的に書くことができます。記事の各セクションについていくつかの箇条書きをし、書き始めるときにそれを膨らませます。

2.短く、簡潔な段落で書く
記事を書くときは、段落を短く、要点を絞って書くことが大切です。長く曲がりくねった段落は読みづらく、実際よりも長い記事に見えてしまいます。1つの段落につき、1つか2つの要点に絞ることで、素早く書くことができます。

3.能動態を使う。
文章を書くときは、なるべく能動態を使いましょう。能動態とは、文の主語が動作をしている場合です。例えば、「私は記事を書いている」は能動態です。これは受動態と対照的で、”An article is being written by me. “のようになります。能動態は短くてシンプルなので、素早く書くことができます。

4.編集と校正をする。
記事を書き終えたら、公開する前に編集と校正をすることが大切です。そうすることで、誤字脱字がなく、できるだけ明確で簡潔な記事にすることができます。じっくりと読み込んで、必要な修正を加えてください。

これらのヒントに従うことによって、あなたは迅速かつ効率的に記事を書く方法を学ぶことができます。次に記事を書く必要があるときは、ストレスを感じないでください – ちょうどこれらのヒントに従ってください、あなたはすぐにそれを行うでしょう

記事の結論

記事作成は大変な作業ですが、その作業をスピードアップさせる簡単なコツがあります。
これらのヒントに従うことで、より早く、より効率的に記事を書くことができます。
計画を立て、考えを整理する時間を取ることで、執筆プロセスの時間を大幅に短縮することができます。

Total 【9クレジット使用】

文字数は935文字です。

不自然な表現があるものの、わずか数秒でこのレベルの文章を作成できるのは本当に驚きです。

記事のキーワードと記事内に取り込んでほしい内容を入力すると、Catchyが文章パターンをいくつか用意してくれますので、その中で自分が気に入った文章を選んでいきます

記事作成 9クレジット消費
(タイトル 1クレジット/導入文 2クレジット/記事の見出し 1クレジット/記事の本文 4クレジット/記事の結論 1クレジット)

事業のマーケティング戦略

チョコバナナを販売するキッチンカー事業という想定で、事業のマーケティング戦略を作成しました。
なぜチョコバナナなのかというと、以前、子どもに将来の夢を聞いたときに「チョコバナナを売る人」と言っていたのを思い出したからです。(笑)
事業のキーワード「チョコバナナ キッチンカー」と入力し、以下の文章が仕上がりました。

キーワード「チョコバナナ キッチンカー」事業のマーケティング戦略
潜在ユーザーが抱える問題

チョコバナナキッチンカーは、探してもなかなか見つからないんですよね。(Catchy生成)
お祭りで売っている普通のチョコバナナじゃなく色々な種類のチョコバナナが食べたいな(追記)

サービスの説明

様々な種類のチョコバナナを販売する移動式チョコバナナスタンド。(Catchy生成)
トッピングは全部で20種類。プレゼント用のラッピングも可(追記)

サービス名

The Chocolate Banana Stand

マーケティング

モバイルチョコレートバナナスタンドのマーケティング戦略を策定する際には、以下を考慮する必要があります。

1.1. ターゲット市場はどこか?

あなたのターゲット市場は、チョコレートを食べることを楽しむ人々、特にチョコレートバナナを楽しむ人々であるべきです。このマーケットに到達するためには、彼らが集まる場所を特定し、彼らに直接マーケティングを行う必要があります。そのためには、ターゲットマーケットが集まる人気の観光地やイベント、フェスティバルにスタンドを設置することも考えられます。

2.2.どのようなメッセージがターゲットに響くか?

メッセージは、チョコレートバナナの品質と様々なトッピングに焦点を当てるべきです。ユニークで美味しい商品であることを強調し、外出先でも購入できる利便性を強調する必要があります。

3.3. どのような価格戦略を採用しますか?

価格戦略は、競争力があり、なおかつ利益を生み出せるものでなければなりません。大量に購入した場合や、ロイヤリティ・プログラムに登録した顧客に対して割引を行うのも一つの方法です。

4.4. どのようなプロモーションを行うのでしょうか?

ターゲット市場を引き付け、チョコレートバナナの購入を促すようなプロモーションを実施する必要があります。例えば、購入時にトッピングを無料にしたり、チョコバナナを食べている写真を投稿してもらい、賞品を獲得するコンテストを実施するなどのアイデアがあります。

5.5. マーケティング戦略の成功はどのように評価しますか?

マーケティング戦略の成功を測定し、必要な調整を行うことが重要です。そのための一つの方法は、チョコレートバナナの販売数、顧客からのフィードバックを追跡することです。これにより、どのマーケティング戦術が最も効果的で、どの戦術を改善する必要があるかを特定することができます。

Catchyが作成した文章に、詳しい内容を付け足すと、よりよい文章を生成できるとのことです。

事業のマーケティング戦略とあわせて、SNSでの広告用の文章も作成してみました。

「チョコバナナトッピングコンテスト」開催!
好きなトッピングを選んで、コンテストに応募しよう。抽選で10名様に3,000円分のクーポンをプレゼント!
今すぐ応募してください

抽象的な子どもの夢も、こうして文章にしていくと本当に実現できそうです。

このようにCatchyでは、事業計画やマーケティング、広告など、ご自身の商売に役立つツールが多数あります。

事業のマーケティング戦略 3クレジット消費/SNSの投稿文 1クレジット消費

自己分析、仕事の悩みなどの文章

Catchyでは、自己紹介文や自己PR文など、自分をアピールするための文章も作成できます。

それらの文章は、求人への応募の際に履歴書に書くこともありますね。

ただ、自分をアピールするといっても、どのように書けばいいのかわからないこともあるのではないでしょうか。
筆者はそういう自分をアピールする文章がものすごく苦手で、履歴書を書くときにいつも手が止まってしまっていました。
人に誇れるほどのアピールポイントはないと思ってしまうことも理由の一つです。

そんな筆者がCatchyでプロフィール文と自己PR文を作成してみました。
身バレしてしまうので自分のことは詳しく書けませんでしたが、それでもCatchyはきちんとした自己アピール文にまとめてくれました。

自分のことを詳しく書くことで、相手の印象に残るプロフィール文や自己PR文が作れます。

プロフィール文

自己紹介文をCatchyで作成してみました。

私は自分の子供が大好きな家庭の母親です。自宅で仕事をしているのは、自分のペースで仕事ができることと、自分の上司になれることが好きだからです。グループ活動や伝統的なオフィス環境での仕事はあまり好きではありません。大勢でワイワイやるよりも、数人の友人とランチをするのが好きです。自分のペースで物事を進めたいし、自分のボスとして柔軟性を発揮するのが好きなんです。

自分の上司になれることが好き、おもしろい表現ですね。
たしかに筆者は自分の裁量でできる仕事がしたいので、間違っていないです。

プロフィール文 1クレジット消費

自己PR

採用担当者様へ。 私はハウスキーパーの仕事に応募するために書いています。私は14年間、家庭を清潔に保ち、整理整頓した経験のあるベテラン主婦です。また、11年間の育児経験もありますので、家庭とそこに住むすべての人のお世話をする能力には自信があります。私は自分の仕事に誇りを持つ働き者で、あなたのチームにとって貴重な財産となるでしょう。 お時間をいただき、ありがとうございます。 敬具 [あなたの名前]

応募する職種に家政婦、
自分の経験には主婦歴14年、子育て歴11年と入力しただけです。

自分の経験とチームへの貢献をしっかりアピールし、新しい仕事への意欲が伝わる文章ですね。

こうして出来上がった文章を読んでみると、どんな経験でも立派な自己PRの材料になると気付かされます。

自分の経験など大したアピールポイントにならないという人に、自己PR文作成は試していただきたいです。

自己PR文 1クレジット消費

仕事の悩み相談

仕事の内容は好きだが低賃金。仕事にやりがいは求めず、もっと給料のよい会社に転職した方がいいのだろうか。転職するなら年齢的にも今しかないと思っている。

この質問には簡単には答えられない。一方では、別の会社でより大きな仕事のやりがいを見出せるかもしれません。一方で、より高い報酬の仕事の方が、長期的な目標の達成に役立つかもしれません。最終的には、自分の選択肢を吟味し、自分にとって何がベストかを決める必要があります。

計算高い職場の同僚Aが苦手。面倒で地味な仕事を人に押し付け、自分の評価になりそうな目立つ仕事は率先して行う。同僚Aは上司のご機嫌取りがうまく社内での評価も高い。最近、同僚の私にあれこれ指示してくるように。調子に乗りすぎでは?

このような同僚への対応には、いくつか注意すべき点があります。まず、冷静沈着でいることが重要であることを覚えておいてください。このような人物に腹を立て、人間関係やキャリアを損ねるような反応をしないようにしましょう。第二に、王道を歩み、より大きな人間になることを心がけましょう。相手のペースに乗らず、相手の言いなりにならないことです。その代わり、ベストを尽くし、職場に良い影響を与えることに集中しましょう。最後に、この人はおそらく自分が思っているほど好かれても尊敬もされていないことを心に留めておいてください。彼らの演技に惑わされないでください。彼らはおそらく、見かけほど重要でも影響力もありません。

個人に割り当てられた売上のノルマを達成できず、会社からの締め付けが厳しい。ノルマのない仕事に転職したい。営業から事務への転職は厳しい?

転職する際、特に営業から事務職への転職を考えている場合は、いくつか考慮すべき点があります。まず、自分のスキルセットについて考え、事務職に必要な経験があるかどうかを確認しましょう。必要なスキルがない場合、転職は厳しいかもしれません。次に、自分の目標やキャリアで何を達成したいかを考えてみましょう。営業ノルマがなく、ストレスの少ない仕事を探しているなら、事務職はあなたに合っているかもしれません。最後に、現在の雇用主に自分の状況を話し、社内で他の選択肢がないかを確認します。もしそうでなければ、転職することがあなたにとって最良の選択かもしれません。

独身時代を思い出しながら、仕事の悩みを作成してみました。(創作も加えています)
筆者も仕事の内容や賃金を理由に何度か転職を考えたことはありますし、職場には計算高さが鼻につく人もいて、イライラすることもありました。
仕事の悩みに対して、AIは結構、的確な答えを返しているのではないでしょうか?

仕事の相談 2クレジット消費

AIで画像生成するための呪文作成

今はAIで画像生成できる時代ですね。

CatchyではMidjourneyやDreamSTUDIOといった今話題の画像生成AIで、画像を作る際に必要な呪文を作成できます。

呪文とは簡単にいうと、AIに自分が作りたい画像の指示を出すための文章です。(正確にはプロンプトといいます)
AIに魔法を詠唱するイメージですね。

Catchyで呪文を作成する際は、日本語でどんな絵を作りたいか入力し、英文を作ります。
呪文は日本語でもいいのですが、英語の方がより精度の高い画像を作れるとのことです。

それでは、Catchyで英語の呪文を作ってみます。

海が好きなので日本語で「海と貝殻と白い砂浜」と入力。
絵のスタイルを指定します。
デジタルアートと入力しました。

出来上がった英語の文章はこちら

The sea is a deep blue color and the sky is a light blue. There are white shells on the beach and the sand is a light brown color. The sun is shining and there are seagulls flying in the sky.

上記の文章を使い、画像作成AIのMidjourneyで画像を作成します。
(Midjourneyを利用する時は、無料ボイスチャットアプリDiscordのアカウント登録が必要です)

MidjourneyでのAI画像生成の手順
  1. NEWCOMER ROOMSの中からどこでもいいので、チャットルームを選択
  2. Discordのメッセージ欄に/imagineと入力
  3. promptと表示された枠が出てくるので、枠の中にCatchyで生成した文章をコピペ

4つの画像が生成されたので、その中から気に入った画像を1つ選びました。

完成した絵はこちらです。

試しに日本語の文章でも作ってみました。

英語の文章とは絵の印象がかなり違いますね。

なお、Midjourneyの無料プランで生成した画像は、営利目的での使用は規約違反となりますのでご注意ください。

上記のようにSNSで画像を共有する場合は問題ありませんが、広告を載せているブログの画像としては使用できません。
(商用利用するには有料プランに加入する必要があります)

画像生成AIで使える英文 1クレジット消費

断りの文章

日本人は断るのが苦手とよく言われています。

私たちは日々の生活の中で、断りたくても断れないことがあるのではないでしょうか。

筆者も断るのは苦手です。

協調性や和を重んじる典型的な日本人なので、断ることに罪悪感をおぼえてしまうんですよね。

断るというのは、決して悪いことではありません。

筆者のようなタイプが意識しなければならないのは、”断るのは悪”という思い込みを捨て、相手に自分の意思をしっかりと伝えることです。

ただ、断り方にはコツがいります。
断るにしても「できない」「ムリ」と主張するだけでは、相手に不快感を与えてしまいます。
相手に納得してもらうためには、さらに相手への気遣いの言葉が必要です。

Catchyは自己主張しつつ気遣いのある、やんわりとした断りの文章を作ってくれます。
断ることが苦手な人にぜひ使っていただきたい機能です。

主婦編

今日これからランチ行かない?

申し訳ないんだけど、今日のランチは無理なんだ。仕事が本当に忙しくて、合わせられそうにないんだ。でも聞いてくれてありがとう。

(ママ友への返信なので、文章の雰囲気はカジュアルを指定しました)

子育て中のママ友ランチはストレス解消になりますが、いいことばかりではありません。
毎回参加しているとお金もかかりますし、噂話や陰口など自分の子育てにプラスにならない情報が入ってくることも多々あります。

個人的には、母親同士の交流はほどほどが一番だと思っています。

家で一人でお茶漬け食べるランチも悪くないです。

子どもが絡む付き合いだからすべての誘いを断るのは難しいかもしれませんが、3回に1回は断るなどして、ムリのない範囲で付き合いたいですね。

会員制スーパー連れて行ってほしいんだけど、来週の金曜日はどう?

申し訳ありませんが、来週の金曜日は会員制スーパーにお連れすることができません。その日は他の用事があり、間に合いません

こういうちゃっかりした感じのお願いは、普段大した仲良くない人ほど頼んでくるような気がします。(経験談)
毎回当てにされそうだと思ったら、上記のように断りましょう。

子ども達、夜まで預かってもらえないかな?

申し訳ないが、子どもたちを夜通し預かることはできない。明日は仕事で早起きしなければならないので、徹夜するわけにはいかないんです。ご理解いただきありがとうございます。

夜までって頼み方も曖昧ですが…

子育ては助け合いと言います。しかし、だからといって、何でも頼み事を引き受ける必要もないかと。
(よその子どもを預かることはものすごく神経使いますし、預かる以上、責任も伴いますので筆者は苦手です)
子育てをしていて思ったのは、人付き合いを難なくこなす人ほど断り方も上手です。

仕事編

仕事終わったら飲みに行かない?

いや、仕事の後に飲みに行きたくないんだ。仕事が忙しいし、家に帰って家族に会わなきゃいけないから。でも、誘ってくれてありがとう。

断る理由とともに、誘ってくれたことへの感謝の言葉も伝える。やはり断るときは相手への配慮を忘れないことです。

断られる方も、残念だけど仕方がないと納得してくれるでしょう。

飲みに行く誘いを断りたいときは、

  • 誘ってきた人と飲みに行きたくない
  • プライベートと仕事はきっちり分けたい
  • 節約中

など、理由はさまざまです。

接待など仕事上どうしても断れない誘いもありますが、気が進まない誘いはうまく断りましょう。

前回よりも単価は低くなってしまいますが、お仕事をご依頼することは可能でしょうか

この度は、前回よりも低い単価で仕事を完了させることが可能かどうか、お問い合わせいただきありがとうございます。
残念ながら、以下の理由により、そのようなご要望をお受けすることはできません。

1.1.弊社は、高品質の製品を適正な価格で提供することに誇りを持っています。単価を下げるということは、仕事の質を落とすということであり、そのようなことをするつもりはありません。
2.2. 価格を下げると、競争上不利になり、今後の落札が難しくなる。
3.3. 当社の価格はすでに非常に競争力があり、価格に見合った最高の価値を提供できると確信している。

この要請をお断りする理由をご理解いただければ幸いです。お忙しい中、ありがとうございました。

取引先から値切られたときの返信です。

仕事依頼されるのは嬉しいけれど、前より単価が低いのは残念ですね。

こういう依頼を引き受けるにしても、次はその金額が相場になってしまうことも考えられます。

今より価格を下げて仕事をするつもりがないときは、上記の文章のように潔く断ることも必要です。

断りの文章 2クレジット消費

一度引き受けた仕事の断り方については、以下の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
一度引き受けた仕事の断り方をフリーランスは知っておこう!理由別文例を紹介 仕事を一度引き受けたけれど、実際に蓋を開けてみると高度なスキルが求められる仕事だった。力不足で対応できない。 先方から再び仕事を依頼されたけど、前回、作業をど...

LINE・メッセージ作成

Catchyでは自分の想いを伝えたり、謝罪であったり、あるいは相手に要求したりと、色々なシチュエーションでのメッセージを作成できます。

  • 好きな人へのメッセージ
  • 遅刻しそうなときのメッセージ
  • LINEを既読無視した時のメッセージ

をCatchyで作成しました。

ラブレター

Catchyは愛のメッセージも作れます。

渡す人はいつも行くお店の女性店員。
どのような状況で渡すかは、会計後のお見送りの際に、という条件を入れて、ラブレターを作成してみました。

憧れのショップの店員さんや美容師さんなどを想像して作成してみました。


親愛なる○○さんへ。 覚えているかどうかわかりませんが、いつも○○を買いに来ている者です。この手紙でお元気でいらっしゃることを祈っています。 気づいているかどうかわかりませんが、私はあなたにかなり惚れ込んでいます。あなたの笑顔と、笑うと目が輝くところが好きです。私はあなたに会うたびに惹かれるのを感じずにはいられません。 少し前置きが長くなりましたが、私の気持ちをお伝えしたいと思います。気にしないでください。 もし、コーヒーを飲んだり、食事をしたりすることに興味があるなら、ぜひ教えてください。あなたともっと仲良くなりたいです。 敬具

読んでいるこちらが恥ずかしくなりました笑

何かを相手に伝えたいとき、言葉よりも文章の方が強く印象に残ることもあります。

手紙としてずっと残るラブレターもそうです。

とくに、Catchyは成果の出せるキャッチコピーが得意というので、ここぞというシーンで頼りになるのではないでしょうか。

ただ、プロポーズの際に相手に送る手紙の場合はご注意ください。

こういう手紙は、もらった相手は大事にとっておくものです。

数年後に、あの時のメッセージにすっかり騙されたなどと思われてしまわないようにしたいですね^^;

ラブレター 1クレジット消費

寝坊して会社に遅刻しそうなときの報告

〇〇さんへ。 申し訳ありませんが、今日のミーティングに遅刻しそうです。いつもは遅くまで起きているのですが、今朝は寝坊してしまいました。できるだけ早く行くつもりです。また、ご迷惑をおかけして本当に申し訳ございません。〇〇

寝坊してしまった事実はもうどうしようもないです。
上司に謝罪するときは、ミスを素直に認めて正直に謝りましょう。
ただ、謝罪だけでは納得してもらえないので、これからどう挽回していくのか伝えることですね。

自分も働いていた頃遅刻することはあり、一分でも速く職場に到着したかったので、やむを得ずタクシーを利用していました。痛い出費でしたね…。今考えるとここまでする必要はなかったとは思いますが、厳しい職場でしたのでそれがそのときの最善の方法だったのかもしれません。

一度失った信用を取り戻すには、最善を尽くす努力は必要です。

遅刻の連絡 1クレジット消費

LINEを既読無視した時の返信

LINEのやりとりでは、自分の送ったメッセージに既読がついているにもかかわらず、相手から反応がないこともあります。

既読無視をされた側は、どうしてだろうとモヤモヤしますね。

自分のメッセージを既読無視する理由は、メッセージを送った本人でなければわかりません。

単に忙しくて返信するのを忘れているのかもしれませんし、意図的にメッセージをスルーしていることも考えられます。

SNSの交流では、ときどき相手をスルーするという技術が用いられます。
現代のコミュニケーションは複雑です。

Catchyでは、LINEを既読無視されたときの返信メッセージを作成できます。

貸したものがいつまで経っても返ってこないので、貸した相手に催促のメッセージを送ったところ、既読無視されてしまったというケースです。

主婦A

私が貸していたフォーマルスーツ、そろそろ返してくれないかな?

主婦B

(既読無視)

主婦A

(以下、Catchyで作成)
元気でやっているかな?何がそんなに忙しくて簡単なメッセージにさえ返信できないのか分からないが、きっと重要なことなのだろう。私のスーツがまだあることを思い出して欲しいんだけど、返してもらえると嬉しいな。お忙しいでしょうから、お返事いただけるまで何度でもお伺いします。

メッセージは追加で作成できます。

主婦A

(以下、Catchyで作成)
前回のメッセージを無視されたようですね。お忙しいのか、それとも私がお貸しした礼服をお返しするのが面倒なのか、どちらでしょうか。いずれにせよ、できるだけ早い時期に返事をいただけるとありがたいです。

何度も連絡しているのに返事が来ないときは、フリマアプリで売ってしまったとか、無くしてしまったとか、何か返事できない事情があるのかと疑ってしまいそうですよね。

そのようなときは、相手が返信してくるまで、メッセージを送り続けてみてもいいかもしれません。

とは言え、どうしても返信してほしい用件は、LINEではなく本人に直接聞いた方が確実です…

LINEを既読無視した時の返信 1クレジット消費

AIライティングツールCatchyを使ってみた筆者の感想

Catchyは、AIなのに人間以上にきめ細かな気配りができる優れたツールです。
ただ、完璧とはいえません。
現時点では、人間が書く文章は超えられないというのが正直な感想です。

Catchyを使ってみた筆者が良かった点、イマイチだと思った点をお伝えします。
さらに、AIに負けない文章を作成するために必要なことを考えてみました。

Catchyの良かった点 

カウンセラー的なツールである

Catchyは文章の困り事を一緒に考えてくれるカウンセラーのような存在に思えました。

たとえば、

自己PR文や自己紹介文では、その人の強みを言語化したり、
仕事の悩みの対処法を教えてくれたり、
苦手な誘いのうまい断り方を教えてくれたり。

文章というより、人生のモヤモヤした悩みを一緒に解決してくれます。

そういう悩みは、誰かに相談したくても気軽に相談できないのではないでしょうか。

私は悩むのが趣味のような人間なので、まだまだCatchyに解決してもらいたい相談事は沢山あります。
Catchyは悩み多き人に向いているツールといえます。

AIだからこそテキストコミュニケーションで角が立たない

Catchyが作る文章のよいところは、メッセージを送る相手に対し、不快感を与えない言い回しができることです。

主張するところは主張し、気遣いは忘れない。

角が立たないメッセージのポイントをしっかり抑えています。

相手への気遣いのあるメッセージを送ることは簡単なようでいて、意識しなければなかなか書けるものではありません。

皆がそういうやりとりができれば、世の中にあるコミュニケーションのトラブルは存在しないはずです。

なぜAIが相手に不快感を与えない文章が書けて、私たち人間には書けないのか考えてみました。

それは、感情があるかどうかの違いだと思います。

私たち人間には感情があり、文章にも喜怒哀楽が反映されます。
喜怒哀楽によって文章は表現豊かになりますが、感情があるからこそ、ときに相手の気に障る言葉を送ってしまうことも。

とくに注意したいのは、自分が怒りの感情にとらわれているときです。

相手に対して怒りの感情があるときは、攻撃的なメッセージを送ってしまうこともあるでしょう。

感情にまかせて返信してしまうと、相手との関係性が簡単に壊れてしまう危険性があります。

その点AIには感情がなく、文章に喜怒哀楽が反映されることはありません。

AIのように事務的なやりとりをした方が、コミュニケーションは円滑に進むこともあります。

仕事のやりとりに個人的な感情を持ち込んではいけないと言われるのは、まさにそういうことかなと。

感情的になってしまう傾向がある人は、メッセージ作成をAIに任せることで冷静さを保てるのではないでしょうか。

Catchyのイマイチだった点

自分がほしい文章をうまく生成できなかった

指示通りに文章が生成できなかったことです。

たとえば「文章作成を早く書くコツとAIライティング」というテーマで文章作成するよう指示したら、
「文章作成を早く書くコツ」の内容は反映されましたが、「AIライティング」に関してはスルーされました。

生成できる文章の文字数の関係で、反映されていなかったのかもしれません。

詳しく書くとよりよいコピーになるとのことで追記もしましたが、文章に盛り込まれていなかったので、詳しく書きすぎるのも良くないのかと思ったり…
作成のコツがイマイチよくわかりませんでした。

AIの文章は個性に欠け、独自性がない

AIライティングの弱点は、文章に個性が欠けていることです。

記事を作成するときは、よく独自性が重要といいます。ただ、個性がなければ独自性があるとはいえないですよね。

言いたいことは、AIの文章は個性がないから書いた人物が見えないのです。

人間が書かないから当たり前の話ですが…。

人を惹きつける文章は、書き手がわかる文章ではないでしょうか。
自分も他の人のブログ記事を読んで為になったと思ったとき、どんな人が書いているのかは必ず見ています。
(ツイッターのアカウントがあれば、コメントもチェックしています)
どんな人物が書いているのか気にするには、私だけではないはずです。

だからこそ人間が書くことに価値があると考えています。
独自性のある文章を生み出せるのは、AIではなく人間だけだと思います。

今はWeb上に多くの情報があふれ、読み手の目も肥えています。
鋭い人なら、機械が書いたのか人間が書いたのかは、すぐに見分けられるでしょう。
「あぁ、これは機械が書いた文章なのか…」とわかれば、情報の信ぴょう性を疑い、途中で読むのをやめてしまうことも考えられます。

AIが効率良く文章を量産しても、文章の価値を決めるのは最終的には読む人です。

血の通った文章かそうでないか、これは読まれる文章において重要だと私は思います。

AIに負けない文章を書くためには

自分の書く文章がAIに負けてしまうのは嫌ですね。
私もブログを書いていますので、負けたくないです。

AIで文章が量産できるようになると、今以上に質が求められるのではないでしょうか。

意識するのはオリジナルの部分を磨くこと。

ネットにある情報を参考にするのではなく、実際に体験してみたり、取材やインタビューしたりすることで得られる情報に価値があります。

また、あなたの考えや思いを伝えることです。

AIではできない部分を追求していけるとよいですね。

自分も文章を書く以上、そこは頑張りたいです。

AIライティングツールCatchyを文章作成のお供に

AIライティングツールCatchyを使うメリットは、成果の出せるキャッチコピーをスピーディに作成できることです。

ツールを通して、自分では思いつかない表現やアイディアに出会えるので、一人でパソコンの前で悩んでいるよりもはるかに効率的です。

ツールのバリエーションが豊富なのは、ユーザーがどのような場面で、どのような文章を必要としているか考え抜いているからこそ。

今後もツールをアップデートしていくとのことなので、サービスの向上に期待したいですね。

ただし、Catchyはあくまでも文章作成の補助ツールです。
高機能とはいえ完璧な文章は書けませんので、最後には必ず人間の手を加えなければなりません。

Catchyで作成した文章はファクトチェックを行い、不自然な表現をなおしてから使用しましょう。

AIライティングツールCatchyは、クレジット情報の登録なしで無料体験ができます。

まずはAIライティングツールはどういうものなのか体験した上で、自分にとって必要なツールかどうか、考えてみてはいかがでしょうか。

※Catchyの画像のスクリーンショットに関しては、株式会社デジタルレシピ様に許可を得て使用しています。


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次