SEO記事作成がワンクリックで超らくちん!文章AI「らいたー君」レビュー

当ページのリンクには広告が含まれています。
らいたー君のアイキャッチ画像

本記事はAIライティングツールの利用を検討している人におすすめです。

AIツールは効率的に文章を作成できるという理由から、ブロガーやWebライターの間でも注目されています。

近年、AIの技術が飛躍的に進歩し、巷では文章に特化した高性能のAIツールが次々と登場しています。

そのため、

「AIライティングツールを使ってみたいけれど、沢山あるからどれを選べばいいのかわからない」

「色々なAIライティングツールの使用感を知って、比較検討したい」

という方もいらっしゃるのかもしれません。

そこで今回は、ブロガーの筆者が『らいたー君』という文章AIツールを使ってみましたので、ツールの優れた部分や記事のクオリティ、利用した筆者の感想などをご紹介します。

らいたー君の特徴は下記のとおりです。

  • 簡単ワンクリックで執筆、画像挿入、文字装飾、リンク挿入などができる
  • Googleの評価基準であるE-E-A-Tのエクスペリエンス(実体験)を意識した、検索エンジンに評価される記事作成ができる
  • トピッククラスター構造の記事を作成するのに適しており、SEOを強化できる

らいたー君はお試しで2記事作成できます。本記事を参考にしながら記事を作成し、ぜひAIツールらいたー君の導入をご検討ください。

目次

AIライティングツール『らいたー君』について 

らいたー君は、2023年12月にリリースされたAIライティングツールです。

最初にらいたー君はどのようなツールなのか、また、どのような人に向いているのか、さらに運営会社の情報をチェックしてみましょう。


AIライティングツール『らいたー君』の特徴 

まずはAIライティングツール『らいたー君』の特徴を見てみましょう。

らいたー君の特徴は、下記のとおりです。

らいたー君の特徴
  • 言語モデルにOpenAI社のGPT-4 turboを使用している
  • 生成された文章はワードプレスにそのまま貼り付け可能
  • キーワード、もしくはタイトルを入力しワンクリックするだけで約8,000文字の長文記事が作成できる
  • SEOを意識した記事が作成できる
  • 自然な文脈での体験談の挿入
  • Google検索上位の見出しを参考にしたカスタム記事作成機能
  • Googleサジェストの確認
  • 記事構成の作成と編集
  • 画像挿入(altタグも記述)
  • 権威性の高い外部リンクの自動挿入
  • 記事の導入文
  • ロングテールキーワードに対応

らいたー君は、Google検索で上位表示するために必要なSEOを施した長文記事を作成できる、今話題のAIライティングツールのひとつです。

ワンクリックの簡単操作で約8,000文字の長文Webコンテンツが作成できることが特徴です。
また、ワードプレスに対応しており、作成したAI記事はそのままWebサイトに貼り付けられます。


「所詮AIが書く文章だから、質の低いコンテンツが生成されるんでしょう?」

と、もしかするとAIが作成する文章だからと否定的に捉える方もいらっしゃるかもしれませんが、

近年、文章生成AIは目覚ましい勢いで進化を遂げており、文章の質も上がってきています。

らいたー君が使用している文章AIは、現在、質の良い文章を生成できると高く評価されているOpenAI社の大規模言語モデル、GPT-4 turboを使用しています。

GPT-4 turboはGPT-4の改良版で、バージョンアップにより鮮度の高い情報が得られるようになりました。
さらに、GPT-4からGPT-4 Turboに変更し、文章生成の処理速度も向上したとのことです。

GPT-4 turboは高度な対話能力があります。幅広い知識を学習しており、技術の進歩により回答の正確性や安全性も向上しています。また、自然な文脈の日本語の文章が生成できますので、文章の質の部分では安心できるでしょう。

らいたー君のような文章AIツールの大きな特徴は、AIに指示をするためのプロンプトが不要な点です。

プロンプトとは何かといいますと、生成AIに指示出しをするために必要なテキスト文です。

たとえばChatGPTは、AIとユーザーの対話形式で文章を生成しますが、AIに応答してもらうためにユーザー側からは質問や命令をします。つまりChatGPTにおけるプロンプトとは、AIに指示出しするための質問や命令をするテキスト文です。

ただ、この指示文が意外に難しく、なかなか自分の思い通りの文章が生成できないことがあります。そのため巷では、プロンプトのノウハウ・コツが多く出回っており、ChatGPTを上手く使いこなすには、AIに指示を出すコツを理解しておく必要があります。

しかしAIツールらいたー君の場合、テキスト欄に入れるのはプロンプトではなく記事のキーワードを入れるのみです。それだけで指定したキーワードに沿った約8,000文字の長文記事が作成できますので、プロンプトのノウハウやコツは知らなくてもいいのです。

らいたー君はどのような人に向いている?

らいたー君はどのような人に向いているツールなのでしょうか。

らいたー君が必要な人

  • KW選定からワードプレス投稿までの費用と時間を大幅に削減したい企業担当者
  • 記事を量産したいものの本業が忙しく、記事作成に時間を割くことのできない個人ブロガー
  • AIツールに興味のある人
  • 操作性が簡単な文章AIツールを探している人
  • 記事代行よりも予算を抑えたい人 

らいたー君は、企業担当者や個人ブロガーの「記事作成にかかる費用を抑えたい」「効率よく記事を量産したい」「簡単操作のAIツールを使ってみたい」などのニーズに応えたツールです。

らいたー君が必要のない人

逆にらいたー君はどのような人に向いていないのでしょうか。

  • 一から書いた方が早いと思う人
  • 取材やインタビュー、実体験などの自分が得た情報をもとに記事を書きたい人
  • SEO記事ではない記事を書きたい人
  • トレンド記事を書きたい人

現状では、AIの文章をそのまま採用するだけでは読者を満足させる記事に仕上げられないため、AIで効率よく作成できても結局は細かい直しが必要です。

そのため熟練者については、ツールを使用しない方が速く書けるという理由から、AIツールは不要だと考える方もいらっしゃるでしょう。

また、AIツールは基本的にはネット上にあるテキストデータが情報源であるため、ご自身で取材をした情報をもとに文章を書く方には不要なツールかもしれません。

さらに、トレンド記事を書きたい人には向いていません。

GPT-4の学習データはネット上にある2022年4月までの情報ですが、GPT-4 turboにグレードアップし、2023年4月までの情報が得られるようになりました。ただし、リアルタイムの情報を得られませんので、最新のトレンド記事は書けません。

らいたー君の開発元

らいたー君の運営会社は、株式会社e-Connectです。
会社詳細は下記のとおりです。

運営元株式会社e-Connect
業種情報通信
住所東京都中央区銀座1-22-11 銀座大竹ビジデンス2階
サービスページhttps://raita-kun.arvo.net/
お問い合わせ先株式会社e-Connect らいたー君 広報部 
E-mail:raita-kun@arvo.net

らいたー君は、株式会社e-Connectに在籍するプロンプトエンジニアが開発したAIツールです。
また、SEOを意識した文章が出力されるよう作成されており、SEOについてはGoogle1位を取得したメディア運営者が監修しています。

らいたー君のおすすめポイント3選

らいたー君の特徴の中でも、特に筆者がおすすめしたいポイントを3つご紹介します。

おすすめポイントは以下のとおりです。

それぞれの特徴をご説明します。

1.ワンクリックでブログ記事に必要な要素がすべて盛り込まれる 

ワンクリックでタイトルや見出し、本文執筆、アイキャッチ画像生成、文字装飾、権威性の高い外部リンク挿入など、ブログ記事に必要な要素がすべて盛り込まれます。

個人的には画像挿入や文字装飾、リンク挿入をするのは面倒だと思っていますので、至れり尽くせりの機能だと思いました。

2.体験談を盛り込んだAIライティング 

AIツールらいたー君は、AIライティングに体験談を含んだ文章作成ができるよう開発されています。

具体的にはGoogleの品質評価ガイドラインにあるE-E-A-TのE(Experience=経験)に配慮した文章を作成できます。
AIはコンピューターなので人間のように体験ができません。ですから当然、体験談も書けませんよね。しかし、らいたー君は体験談風の文章を出力できるよう独自のプロンプトを作成し、無機質なAIライティングのウィークポイントをカバーしています。

下記はGoogle検索の品質評価ガイドラインです。ガイドラインでは体験談を含めることで、記事の評価が上がると記載されていることがわかります。

「E-A-T」という言葉が耳慣れてきたクリエイターの方は多いのではないでしょうか。これは、Google の検索ランキング システムが有益で的確な情報を提供しているか評価する際に使用されるコンセプトで、一般の人が、表示された検索結果で E-A-T(専門性、権威性、信頼性)が示されていると感じるかどうかを評価します。

このたび、検索結果の評価を改善するために、E-A-T に E(経験)を追加しました。つまり、実際に製品を使用している、実際にその場所を訪問している、誰かが経験したことを伝えているなど、コンテンツにある程度の経験が織り込まれているかどうかも評価されます。状況によっては、そのトピックに関連して実体験をもつ人が作成したコンテンツが最も高く評価される場合もあります。

引用元:Google検索セントラル/品質評価ガイドラインの最新情報: E-A-T に Experience の E を追加

管理人はこれまでいくつかのAIツールを利用していますが、体験談を盛り込んだ文章作成ができるAIツールを利用するのはらいたー君がはじめてです。

らいたー君は、AIの文章に体験談を含ませたい方にぴったりのAIツールです。

3.トピッククラスター構造の記事を作るのに適している

らいたー君は、トピッククラスターモデルの記事を作成に適したツールです。

そこで、トピッククラスターって何?と疑問を持たれる方がいるのかもしれません。


トピッククラスターモデルは、特定のトピックに関連した記事のグループを作ることでSEOの評価を上げる戦略です。

トピッククラスターモデルはピラーページという全体的な内容を網羅する記事と、ピラーページの詳しい内容が書かれたクラスターページで構成されています。

トピッククラスターモデルは、記事は単体で勝負するのではなくコンテンツ群を作って勝負するというイメージですね。

ピラーページとクラスターページは内部リンクで結び付けることで、検索エンジンのクロールが促進されます。クロールとは検索エンジンを巡回するロボット(クローラー)が記事内にあるHTMLファイルなどを読み込み、Webページを検索結果として表示させるためのデータベースに登録することです。

また、記事間に内部リンクを設置することで、検索ユーザーの意図を満たした関連内容をスムーズにアクセスでき、利便性も向上します。

その結果、検索エンジンの評価を高められます。

例えば上図では中央に「結婚式 ワンピース」といった商標記事があります。商標記事とはアフィリエイトブログでは収益につながる記事のことですが、ピラーページがこれにあたります。そのため、ここで使われるキーワード「結婚式 ワンピース」は、Buyクエリといって、読者が「結婚式にワンピースを買いたい」という検索意図があります。

一方、ピラーページを取り囲むようにあるのがクラスターページです。上図では「結婚式 ワンピース 選び方」「結婚式 ワンピース トレンド」といった、読者がなんらかの情報を知りたいという検索意図のあるKnowクエリが、クラスターページに使われています。

これらのクラスターページを入口に、最終的に収益記事であるピラーページに読者が訪問することで、コンバージョン(成果)につながりやすいということです。

らいたー君の公式サイトでは、ブロガーの方には商標記事(ピラーページ)の順位が上がらない場合に周りの記事(クラスターページ)を埋めるために、毎日、30記事分の投稿を推奨しています。

参考:らいたー君公式サイト AIライティングツールのお役立ち情報/トピッククラスターモデルとは?作り方から成功した事例まで

らいたー君の料金

らいたー君の料金をご紹介します。

スクロールできます
FreeプランLiteプランStandardプランProプラン
価格0円5,980円9,800円59,800円
詳細2記事無料作成
※アカウント開設後3日以内
10記事作成
(1記事@598円)
30記事作成
(1記事@326円)
45記事作成
+
その他サービス(要問合せ)
URLFreeプランLiteプラン
StandardプランProプラン

※表示価格はすべて税別

スタンダートプランでしたら月額9,800円で8,000文字の記事が30記事、1記事あたり326円で作れます。

最低契約期間は1ヶ月なので、
たとえば1ヶ月間だけ契約し、らいたー君でクラスターページを集中して作成するという使い方もできます。

Googleのアカウントがあればお試しで2記事作成できます。

らいたー君で記事を作成しよう

らいたー君の無料お試しプランで記事を作成してみました。

AIらいたー君が気になる方は

をご覧ください。

基本の使い方

らいたー君の基本の使い方をご紹介します。

Googleアカウントを使います。

無料お試しプランをクリックし、

Googleアカウントでログインします。

無料でお試しできるのは2記事分です。ただし、アカウント開設後は3日間の期限があります。管理人は期限を忘れていたので1記事しか作れませんでした。皆さんはそのようなことのないよう、しっかりと2記事作成してください。

らいたー君の記事作成方法は、「かんたん記事作成」と「Google検索からのカスタム記事作成」の2種類です。

管理人は今回、「かんたん記事作成」で記事を作成しました。

手順は

  1. 作成したい記事のキーワードを入力
  2. 含ませたいキーワードがあれば入力
  3. 記事作成のボタンをワンクリック

と、たったこれだけの簡単操作で作成できます。

入力項目がキーワードだけで何一つ難しいことはありませんので、どのような方でも使いやすいと思います。


また、かんたん記事作成からは、記事のタイトル案をキーワードから自動で作成した後、そこから記事を生成することもできます。

もう一つの利用ユーザーの要望により開発された「カスタム記事作成ツール」は、Google検索の上位記事をもとに構成を作成後、本文を作成できます。

記事作成方法の詳細は、らいたー君運営のアカウント@raita_kun_aiで紹介していますのでこちらをご覧ください。

らいたー君で作成した記事のクオリティをご覧ください

筆者はかんたん記事作成から、キーワード「AIツール オリジナリティ」で記事を作成しました。

仕上がった記事はこちらです。

AIツール活用成功事例5選!オリジナリティを高め画期的な創造力を引き出す秘策

AIツールとその活用例5選をご紹介いたします。なぜなら、これらはオリジナリティを高めて画期的な創造力を引き出すための秘策となっております。記事を通じて、新たな発想や感動が生まれることを期待しております。

では、皆様はすでにAIツールをご活用になっていますか?成功を収めるには、オリジナリティが高まり、感情に訴えるコンテンツ作りに重要です。体験談から学び、AIツールを使ったリライトのコツを掴むことで、未来の創造力を祝えるはずです。そのあり方を具体化した5つの事例をご覧いただき、自らの可能性を引き出しましょう。

本記事では、「AIツール オリジナリティ」に関する次のポイントを詳しく紹介します。

  • AIツールで達成!オリジナリティ向上
  • 愛されるAIツールとは?
  • 驚きの創造力!AIツール活用例
  • 一度触れたら戻れないAIツールの魅力
  • 原点回帰!創造力とAIツールの関係
  • 最高のパートナーAIツールの活用術
  • まとめ

AIツールで達成!オリジナリティ向上

AIツールは、オリジナリティを飛躍的に引き上げる可能性を秘めています。その鍵となるのは、リライトのコツを把握し、それを自らの体験談や感情的な観点から適用することでしょう!

では、なぜAIツールがオリジナリティ向上に寄与するのでしょうか? それは、AIツールが文章の根本的な構造を解析し、それに基づいて新たなアイデアを提供する能力を持っているからです。更に、そのプロセスは時間を節約し、よりクリエイティブな精神を維持する助けとなるのです。

先日、私自身がAIツールを使用してブログ記事をリライトするという経験をしました。その時の体験談を共有させていただきます。

具体的には、元の文章が決して悪くはなかったものの、何らかの変化を加えて新たな視点を引き出したかったのです。ディープラーニングを基盤とするAIツールを使用し、「これまでに築き上げてきた個々の経験や感情」を文章に反映させてみました。

その結果、記事は新たなオリジナリティに溢れたものとなり、そして読者の反応も非常に肯定的でした。

AIツール使用におけるオリジナリティの強化へのヒント

以下に、AIツールの使用を通じて自身のオリジナリティを強化する際のヒントを提供します。

  • 自分の体験談や感情を素直に表現しましょう
  • リライトする際には、新たな観点を取り入れるよう心掛けましょう
  • AIツールの提案はあくまで参考の一つであり、自身の思考を停止させることなく、自分自身の独特の視点を維持しましょう

大切なのは、AIツールはあくまで「ツール」であり、最終的な判断は自分自身のものだという認識を有することです。

AIツールはクリエイティブなパートナー、オリジナリティを飛躍的に引き上げる支援者。だけどボスは結局はあなた自身!

AI ツール 成功事例 オリジナリティ 創造力 秘策

愛されるAIツールとは?

AIツールが愛される理由は、その持ち前のオリジナリティを最大限に引き出し、ユーザー自身の創造力を刺激できるからです。 AIツールの魅力は、ユーザーに合わせて情報を組み替え、ソリューションを提示できるだけではありません。そのリライトのコツを学び、自己の表現力を向上させる手助けにもなるのです。その具体例を含めた体験談を共有します。

自身の仕事において、記事のリライトを任せたAIツールでしたが、何度もトライ&エラーを繰り返すうちに、一つの気づきがありました。 リライトの過程でAIが選んだ言葉遣いや構成が、どのような感情を伴っているのかを考えるようになりました。それは、オリジナリティを高め、読者の心に響く文章を書くコツとなりました。

具体的に言うと、ある日、ある記事のリライトをAIツールに任せたところ、原文とは異なり、あたたかみのある言葉遣いとストーリーテリング的な文章構成に変わっていました。「なぜAIはこのような選択をしたのか」を深掘りすると、読者が求める情報をより感情的に伝えるため、AIはそのような構成にしたのだと理解しました。

この一件から学んだことは、AIツールの持つオリジナリティは単なるデータ処理能力だけではなく、人間の感情を理解し反映させる能力でもあるということです。それにより私たちは、情緒的な要素を含むより良質な文章を書くことが可能になります。

AIツールを愛する理由として以下の点を挙げてみます。

– 自己の創造力を触発する原動力

– 繰り返しのなかでリライトのコツを学べる

– 読者の感情を響かせる文章を作り出す手助けをしてくれる

以上の理由から、AIツールはオリジナリティを持つエンティティとして一人ひとりに対して最高の結果を提供し、創造力を刺激し続けます。だからこそ、AIツールは愛され、活用されていると言えます。

愛されるAIツールとは、感情を理解し反映させるオリジナリティを持ち、私たちの創造力を刺激します。

AI ツール 成功事例 オリジナリティ 創造力 秘策

驚きの創造力!AIツール活用例

Ocツールの活用により、オリジナリティを最大限に引き出し、人間が思い描くことの難しい独創的な創造力を紡ぎだすことが可能なのです。

これは、私自身がAIツールを活用した結果、自身の感情をより深く掘り下げ、これまでにないような発想を生み出すことができたからです。

なぜAIツールがそのような成果をもたらすのかといいますと、AIツールが非常に進化して、人間の感情や意図、発想を理解し、それを元に独創的なアイデアを生むためです。

具体的には、昨年私が使用したAIツール「DeepArt」は、ユーザーの感情を理解し、それに基づいてユニークなアート作品を創造するという体験をしました。

これは通常のツールや人間の手では作り出すことが難しい、まさにオリジナリティ溢れる創作物でした。

さらに、「独自性を発揮したい」という私の感情を高め、細部までこだわった作品へと向上させる手助けをしてくれました。

私は、その経験を踏まえ、以下の5つのAIツールをご紹介します。それぞれに共通しているのは、「オリジナリティの追求」と「リライトのコツ」を熟知している点と、「従来の固定観念にとらわれず創造力を最大限に発揮させる」ことです。

  • DeepArt:感情を理解し、ユニークなアート作品を創造
  • AI-Writer:リライトのコツを学ぶことで、文章のオリジナリティを高める
  • OpenAI’s GPT-3:自然な文章生成を可能にし、人間らしい感情を表現
  • Jukin Media:人間の反応や行動を分析し、最適なコンテンツを提案
  • QuillBot:文章のリライトを自動化し、より洗練された表現に

これらのツールを活用することで、あなた自身の思考を広げ、オリジナリティあふれる創作物を作り出すサポートを受けられます。

必要でするだけではなく、AIツールを活用することで感情を最大限に引き出し、個々の独自性を放ち、画期的な創造力を生み出すことが大切です。

しかし、AIツールを首尾良く活用するためには、自身の目的や意図を明確にし、ツールが提供する機能を理解することが必要です。

AIツールと感情を組み合わせ、想像を超えた創造力引き出せる可能性がある!

AI ツール 成功事例 オリジナリティ 創造力 秘策

一度触れたら戻れないAIツールの魅力

AIツールはあなたの創造性を引き出し、オリジナリティあふれる作品を生むことができる魅力的なソリューションだと思います!一体なぜこれほどまでに多くの人々がAIツールに魅了され、一度使ったらもう戻れない状況になっているのでしょうか?その秘密はなんといっても、AIツールが持つ高度なオリジナリティを維持しつつ思想をリライトする能力にあります。

従来型のリライトツールでは、多額の時間と労力を注ぎ込みながらも、出力されるテキストの質には限界がありました。この点、AIツールは高度な学習能力と独特のリライトコツを駆使することで、その限界を打破します。特に感情的な上質な文章生成では人間が持つ個性や感情を保ったままリライトすることが可能となっています。

ここで実際の成功例をいくつか紹介します。AIツールでの有効な活用例として「私が初めてAIツールと触れ合ったのは、イラスト制作の一環でした。絵心がなくても、AIツールの力を借りることで芸術家顔負けの作品を作り出すことができました。

絵画作成のAIツールでは、明確な形や色、構図を指定するだけで、それらの要素を組み合わせて一つの作品を作り出します。私の感情や創造性が刺激され、自分自身が思っても見なかったような新しいオリジナリティあふれる絵を作り上げることができました。これがAIツールの真骨頂です。

他の例としては、自然言語処理のAIツールを使った項目です。特定のキーワードを入力すると、それに基づく全く新しい文章を創り出すことができます。これがあなたの体験談をエンゲージメントある記事にリライトすることも可能となります。文脈は保ったまま、自然な言葉の流れで読み手に伝えることができます。

以上のような具体例を踏まえても、AIツールはオリジナリティを高め、一度使うと戻れないほどの魅力を持っていることがわかります。

AIツールは創造力を引き出し、一度使うと戻れないくらい魅力的なんだよね!

AI ツール 成功事例 オリジナリティ 創造力 秘策

原点回帰!創造力とAIツールの関係

貴重な事実から始めましょう。AIツールは私たちの創造力を強化し、未来への道を築く重要な役割を果たしていると確信しています。AIツールの使用は、新たな視点から問題を考えるための優れた手段で、しかもそのプロセスは楽しく、刺激的です。

オリジナリティへの追求を楽しむこと、そしてそれをAIツールと組み合わせることが大切です。特にリライトコツをマスターすることが重要です。内容を変えずにオリジナルのメッセージを伝えることで、自己表現の新たな領域を見つけることができます。

具体的に想像してみてください。私が以前デジタルマーケティングのためにリライトした記事は、元のコンテンツと対比すると、まるで新しい作品のように見えました。「これは何ですか?新しい視点から事実を組み合わせることで、全く新たな洞察を得ることができました!」私の経験から言えば、AIツールによって創造力が伸び悩んでいる人々に新たな発見の機会を提供してくれることは間違いありません。

感情もまた、人間の創造性とAIツールの間の重要なつながりを育む役割を果たします。 AIツールが私たちの感情を認識し、理解する能力は、私たちが自己理解を深め、より豊かな情感表現を通じて自己表現を強化する手助けをしてくれます。

それでは、AIツールを用いて創造力を引き出し、オリジナルのアイデアを作り出すための具体的な方法をいくつか挙げてみましょう。

創造力を高める実践的な方法

  • AIツールのデータ分析機能を活用して、作品の新たな視点や見落としていた要素を発見しましょう。
  • リライトの過程で、感情に焦点を当て、作品に新たな深層を追加しましょう。
  • 自分がいま直面している問題を、AIツールの視点から見つめ直してみましょう。新たな解決法を見つけることができるでしょう。

創造的なプロセスは、深層の自己探求と学習の旅であり、AIツールはその旅を可能にする道具なのです。

創造力とAIツールの組み合わせは、未来へのキーだと思っています!しっかりとAIツールの威力を活かしましょう。

AI ツール 成功事例 オリジナリティ 創造力 秘策

最高のパートナーAIツールの活用術

AIツールを活用することで、真にオリジナルな創造物を生み出す可能性が非常に高まると断言できます。

その理由は、AIツールが我々人間の創造的思考を補完し、多種多様な情報から独自の解釈を導き出すからです。AIツールを使うことで、新たな視点や想像を超えた発想が可能となるのです。

また、AIツールは我々の感情を理解し、それを考慮したコンテンツを生成する能力も備えています。

具体的には、私は先日、AIツールを使って記事を書く際に感じたことがあります。「感動する経験を書け」というテーマでの記事制作でした。“彼は初めて子供が立てるようになった瞬間、涙が自然とこぼれ、これが親というものなのかと感じた” という私の経験に基づいたエッセイスタイルの記事となりました。

しかし、このAIツールは私がデータとして提供した私の感動的な経験に基づいて、読者が自身の体験をイメージできるような情感豊かな表現で記事を生成しました。読者に感情移入を促し、私自身もその結果に感動したのです。

以下に、AIツールの活用術をいくつか挙げておきます。

  • 膨大な情報からオリジナリティのあるアイデアを引き出す
  • リライトの際に、自分自身の経験や感情をデータとして活用する
  • 読者の感情を想像し、それを取り入れたコンテンツ作成を行う

要するに、AIツールは我々人間が持つオリジナリティや感情を拡張することで、これまでにない創造性を引き出すのが大切です。我々が持つ創造力の無限大な可能性を引き出す新たな頼もしいパートナーなのです。

人間の感情とAIツール、新たな創造性の始まりだと思います!

AI ツール 成功事例 オリジナリティ 創造力 秘策

まとめ

AIツールを活用し、オリジナリティ溢れる創造力を高めることが可能だという結論に達しました。この結論の根拠は、具体的な成功例と経験に裏打ちされたリライトのコツ、加えて「感情」を駆使することでユーザーへの訴求力を高めることであります。

AIツールは、体験談や知識を元にしたデータ解析から、オリジナリティへと繋がる情報を得ることができます。 私自身も一度AIツールを使用し、その結果オリジナルなブログや記事を作成する手助けを受けました。

そのことから得られた気付きは、「リライトコツ」を知ることが原稿のクオリティを大きく左右するという点です。一見単純に思えるリライト作業が実は創造力を引き出す大切なプロセスであり、しかるべきコツを把握しておくことが重要だと痛感しました。

また、そのリライトの過程で心掛けたことが「感情」の導入です。 物語を語る際、ドライな事実だけを並べるだけではなく、感情を巧みに絡ませることで、読者に強い印象を与えることができました。このことから、感情を加えることが、オリジナリティの一部となると考えています。

以上のことを踏まえると、以下の点が特に重要だということになります。

  • AIツールを活用し、自身の経験や知識を元にした情報分析を行い、オリジナリティの追求を行う。
  • リライトのコツを把握し、創造力を引き出す。
  • 感情を導入し、訴求力を高める。

これらが踏まえられなければ、AIツールを活用してオリジナリティを高めることは難しいでしょう。

AIツールを使いこなし、リライト技術と感情を上手く組み合わせたら、誰もが驚くようなオリジナル作品が生まれるんだ!

AI ツール 成功事例 オリジナリティ 創造力 秘策

AIツール オリジナリティに関連する質問(Q&A)

AIツール オリジナリティに関連する質問や、よくある質問をQ&Aでまとめています。詳しくは下記をご覧ください。

1. AIツールを使うことで、どういったオリジナリティを高めることが可能なのですか?

AIツールを使用すると、大量のデータ解析が可能となります。その解析結果から、自分自身が思いつかなかった全く新しい視点やアイデアを見つけ出すことができます。それにより、ブログ記事やビジネスの提案等に深い洞察力と独自の視点を加えることが可能となるのです。

2. AIツールの使用で、具体的にどのような創造力が引き出されるのですか?

AIツールを用いることで、深層学習や自然言語処理等の技術を活用し、記事作成や音声認識、予測分析等の創造的な作業を可能にします。これが、より高度な思考や新たなソリューションを生み出す発端となるのです。

3. AIツールのどの機能がオリジナリティの向上に寄与しますか?

AIツールの自動化と最適化に関する機能が特にオリジナリティの向上に役立ちます。例えば、データ分析機能であれば、预盲の傾向やパターンを発見し、古い常識に囚われることなく複雑な課題に対処するヒントを見つけ出すことができます。これにより、自身の視野を広げ、既存の枠組みを超えた新たなアイデアを生み出すことができるのです。

4. AIツールによるオリジナリティ向上のメリットは何ですか?

オリジナリティを高めることで、同じジャンルに多数存在する他の記事やビジネスと差別化を図ることができます。また、それにより、閲覧者にとって新鮮な情報や見方を提供し、満足度を高めることも可能です。さらに、新しいアイデアや視点は新たなビジネスチャンスを生み出す可能性もあります。

5. AIツールの活用に成功した事例はどのようなものがあるのですか?

AIツールの活用に成功した事例としては、大企業が発見した顧客のニーズに基づく新商品の開発があります。AIツールを使って消費者の口コミや購買データを解析した結果、それまでの商品とは一線を画す全く新しい商品を開発し、大成功を収めたのです。

その他の参考サイト:商店街における取組事例集

その他の参考サイト:中小企業における AI 活用の現状と求められる支援

その他の参考サイト:知的財産推進計画2023

記事作成の所要時間は約8分~12分とのことでしたが、今回お試し体験で作成した際は5分程度で仕上がりました。
これは、らいたー君の言語AIがGPT-4からGPT-4 Turboに変更し、文章生成の処理速度が向上したことによる影響でしょう。
仕上がった記事はワードプレスにそのままコピペできます。

らいたー君が苦手なこと・注意点

らいたー君が苦手なこと、注意点は

です。

それぞれの項目をご説明します。

AIライティングに不向きなキーワードがある

らいたー君は比較◯選や対象サービスの詳しい内容、最新の情報を扱うトレンド記事のような狭くニッチな内容は苦手です。

その一方で、広義的な内容は得意分野とのことです。下図でいう3層目の一般的な内容の記事作成におすすめです。

編集が必要 

AIツールの文章をざっと読んだところそのままでは使えないと思いましたので、必ず文章の校正と推敲をしましょう。

今回作成した「AI オリジナリティ」の記事内の文章で、気になった部分と改善方法を記載しておきます。

文章が全体的に硬い、ところどころに意味不明な文章もある

硬い文章は大抵難しい表現なので、わかりやすくかみ砕く、説明を加える、一般的な表現に直すなどして修正する。
GPT-4 turboの学習データは、インターネット上で公開されているWebサイトなどにあるテキストデータです。これは管理人の推測ではありますが、たとえば外国のサイトが情報源の場合、外国語を日本語に翻訳する過程で硬い文章になってしまうのではないかと思いました。

1文が長いと感じた

短く直す。

外部リンクが一つだけAIに関するリンクではなかった 

外部リンクは必ず内容を確認し、適切なリンクに差し替える。

~しておりますと妙にかしこまっている

「~しております」は謙譲語です。謙譲語は自分自身の行動や持ち物などについて、自分がへりくだって相手を立てるシーンで使われます。そのため「私は~しております」のように、主語は自分でなければ不自然なので、適切に使えているかどうかチェックする。もし、謙譲語を使う必要のない場面であれば「~しております」を一般的な「~しています」に直す。

ただし管理人は文章を独学で勉強しているブロガーで、プロの編集者や校正者ではありませんので、文章の直し方については書籍を参考にするとよいでしょう。

管理人は新しい文章力の教室や沈黙のWebライティング、記者ハンドブックなどを参考にすることもあります。

¥2,090 (2024/01/13 16:22時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

文章を直すときの基本は、やはり音読をすることではないでしょうか。

音読をしてみて引っかかるような文章がありましたら、直しましょう。

また、管理人はWordの校正ツールもよく使います。文章をWordにコピペして校正機能を使えば、直す箇所を教えてくれるので非常に便利です。

編集する際は体験談や感情を含めてみよう

AIの文章に自分の感情や体験談を含ませられないか、考えてみましょう。

Googleの品質評価ガイドラインで、E(経験)は、

  • 実際に製品を使っている
  • その場所を訪れている
  • 自分が経験したこと、または誰かが経験したことを伝えている

こういった実体験が含まれることで記事コンテンツが高く評価されます。

このたび、検索結果の評価を改善するために、E-A-T に E(経験)を追加しました。つまり、実際に製品を使用している、実際にその場所を訪問している、誰かが経験したことを伝えているなど、コンテンツにある程度の経験が織り込まれているかどうかも評価されます。状況によっては、そのトピックに関連して実体験をもつ人が作成したコンテンツが最も高く評価される場合もあります。

引用元:Google検索セントラル/品質評価ガイドラインの最新情報: E-A-T に Experience の E を追加

らいたー君は、体験談が含まれた文章を作成できるツールです。

しかしあくまで体験談風の文章が生成されるということでしょう。

執筆者が実際に体験した文章ではありませんので、やはりここはリアルな体験談が必要ではないかと感じました。

オリジナリティを出せるのは個人ブログの強みですよね。

らいたー君で作成したAI記事をベースにし、さらに自分自身のリアルな体験や感情などを含めることで、グーグルから評価される記事になるのではないでしょうか。

クライアントワークではAIの記事をそのまま提出しない

最近ではAIライティングツールを活用して執筆するWebライターさんが増えているようですね。

管理人がWebライターをしていた数年前と今では事情が異なります。

SNSのWebライター案件では、発注者側がAIツールの利用を許可している依頼も時々見かけます。

AI生成コンテンツに関するGoogle検索のガイダンスでは、AIツールで記事を作ることは問題ないと記載されていますので、AIで文章を作ること自体は、Googleのポリシー違反にはなりません。

Google のランキング システムは、E-E-A-T(専門性、エクスペリエンス、権威性、信頼性)で表される品質を満たした、オリジナルかつ高品質のコンテンツを評価することを目的としています。この詳細については、検索の仕組みで説明しています。

コンテンツがどのように制作されたかではなく、その品質に重点を置く Google の姿勢は、信頼できる高品質な検索結果をユーザーに提供するうえで、長年にわたって有用な指針となってきました。

出典元:Google 検索セントラル/AI 生成コンテンツに関する Google 検索のガイダンス

AIツールを使って効率よく記事を作成できるのであればその方がいいのでしょう。

ただしE-E-A-Tを満たした質のいい記事が上位表示されることには変わりないため、内容や表現をブラッシュアップしていきましょう。

よくあるのがAIツールで作った記事をそのまま納品することですが、あまりおすすめできません。

管理人がらいたー君で作った記事を全体的に目を通したところ、以下の点が気になりました。

  • 「~することができる」のような冗長表現
  • 誤字脱字
  • 同じ助詞が連続で続く
  • 堅苦しい表現
  • 体験談といった主観的な内容がある

上記はライター案件でも修正対象となることが多い箇所です。


依頼者の要望にあわせて、校正と推敲はしっかりとおこなってから提出しましょう。

依頼する側としてはAIの記事を編集もせずに納品されれば、

「AIで作って編集してないのがバレバレ」

「AIツールで作った記事をそのまま納品するのであれば、そもそも依頼する意味がない…」

「これじゃあ報酬渡せないよな」

と、がっかりしてしまうかもしれません。
手抜きされるのは誰だって嫌います。

また、らいたー君の文章は体験談が含まれていますので、記名記事ではないなど体験談が不要となる記事についてはご注意ください。

無記名記事の場合、体験談のような主観的表現は使ってはいけないこともありますので、その際には体験談の部分は削除する、客観的な表現に変えるなどの修正が必要です。

らいたー君で体験談を盛り込んだ記事作成をしよう

AIらいたー君の特徴は下記のとおりです。

  • トピッククラスター構造の記事量産に最適
  • 簡単ワンクリックで執筆、編集、装飾、リンク貼りが可能
  • 体験談を含めたAIライティングが記事のオリジナリティに寄与する

予算を抑えて効率的にブログ記事を量産したい方や、操作性が簡単なAIツールを使いたい方、SEO評価を上げたい記事がある方は、ツールの導入を検討しましょう。


AIツールらいたー君に興味がありましたら、まずは無料体験でお試しになるといいでしょう。
使ってみて記事作成が楽になったなどいい変化がありましたら、有料プランを利用してみてはいかがでしょうか。

※サービス内容や価格は更新日時点の情報ですので、必ず公式サイトの情報をご確認ください。

SEO記事作成ツールTranscope(トランスコープ)のレビュー記事は、こちらからご覧ください。

あわせて読みたい
Transcope(トランスコープ)レビュー|AIツールでSEO記事作成が「超」効率的に 「記事を書いているとしんどい」と思うことはありませんか。筆者は正直に言うと記事作成、超しんどいです。とくに、筆者が取り組むSEO記事はとても手間がかかります。 W...

AIライティングツールCatchy(キャッチー)のレビュー記事は、こちらからご覧ください。

あわせて読みたい
AIはここまでできる。ライティングツールCatchy(キャッチー)をレビュー メールやブログ、SNSなど、今や私たちの日常で文章を書くという行為は切り離せません。そのため、文章にまつわる悩みはつきものです。なかでも、文章作成の効率化が課題...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次